動物病院のための新人スタッフセミナー~“知っている”から“できる”スタッフへ~行動チェックリスト・受講レポート・新人育成モデルプラン表付き!

“本物の実践力を育成する”をコンセプトにしたインターズーアカデミーが、この春から動物病院に就職された新人スタッフを対象に、学生から動物のプロへと成長していただくための教育セミナーを開催します。獣医師、動物看護師、トリマー等、これから動物病院で働く方であれば、必ず役に立つ内容です。
また、特典としてセミナーの効果を確認していただけるよう、チェックリストやレポート・新人育成モデルプラン表を院長先生に提出させていただきますので、ぜひご参加ください。

本セミナーの特長

  • すぐに使える!動物病院でよくあるシーンで実践的、体験的に学べます。
  • 楽しく学べる!参加型で楽しみながら、現場でやるべきことが明確になります。
  • 院長先生をサポート!現場で使えるチェックリストや育成モデルプラン、受講レポートをお渡しします。

こんな方にオススメ

  • 社会人・動物のプロとしての基礎を身に付けたい新人スタッフの方
  • 以下のようなお悩み、お考えの病院様、院長先生
  • 院内で研修をしても、準備の時間がとれないし、内容も本格定なものにならないのでは…?
  • 接遇の外部研修に行かせているけど、“動物病院”だからこそ必要な技術と知識を学ばせたい!
  • 教える側にも新人育成の知識と技術をつけさせたい(新人スタッフでなくてもご参加頂けます!)
講師紹介
田中理咲

田中理咲(たなかりさ)
株式会社JPR所属 動物病院スタッフ育成コンサルタント
航空会社勤務で培った接遇力、研修講師として蓄積した人材育成スキルをベースに、動物病院の抱えるさまざまな課題を「スタッフ一人一人の力の最大化」で解決に導く。
動物病院に特化したプログラム開発、体験型研修で「変わるを楽しむ」人材を育成する。

セミナーの様子はこちら。

新人スタッフセミナーとは

「動物病院で働くうえでのキホンのキ」が学べます。
獣医師・動物看護師・受付スタッフ・トリマーなど、全ての職種の新人スタッフが対象です。
また、院長先生や先輩スタッフなど指導する側の方にも、院内での育成のヒントをお持ち帰り頂ける内容です。

一般的な新人セミナー、マナーセミナーでは、なかなか動物病院で必要な考え方、スキルまで網羅できません。
動物病院スタッフに必要な力は、「専門性(知識と技術)」 「社会人力」 「チームコミュニケーション力」 「接遇力(一般接遇と医療接遇)」の4つです。
このうち「専門性」の土台となる「社会人力」 「チームコミュニケーション力」 「接遇力」の3つのキホンを知り、現場ですぐ使える形で学べるのが本セミナーです。
“新人スタッフがやってしまいがちなNG事例”“春の忙しいシーンだからこそ「この位は新人にもできて欲しい」というシーン”を具体的に取り上げ、何をすればよいか?どうすればよいか?を考え、演習を行う実践型のセミナーです。

プログラム

  東京会場2018年4月12日(木)・大阪会場2018年4月19日(木)
11:00~17:30(受付開始10:00)
第1部(70分予定) 社会人・動物のプロとしてのキホン

★ポイント
「動物が好き」から「社会人×動物のプロ」への意識の切り替えを行います。社会人として不足している項目に気づき、行動目標を明確にします。
また「主体的」に考え、動くことの重要性を、現場でよくある事例を通じて実践的に学べます。

★カリキュラム
・ 動物病院で働く上で大切なこと
・ 社会人度チェック(考え方と基本行動)
・ 事例で考えるプロの基本行動
① 先輩が忙しくて仕事を教えてもらえない…
② 先輩によって言っていることが違う…
・ 先輩インタビュー
「デキる新人ってこんな人です!」
第2部(90分予定) チームコミュニケーションのキホン

★ポイント
受け身にならず、自分からコミュニケーションをとることの大切さを、ロールプレイなどの体験を通して実感できます。
また、現場ですぐに使えるスキルとして、病院ならではのシーンで忙しい時でも簡潔にわかりやすく伝える報連相のコツを学べます。

★カリキュラム
・ 動物病院で大切な報連相
・ 事例で考えるチームコミュニケーション(演習)
① 上司、先輩と良い人間関係を築くには?
② 忙しい時でも簡潔に伝える報連相のコツとは?
③「 言われたことしかできない」と言われないには?
・ 仕事は「点」でなく「線」でとらえる
・ 2年目の先輩からのメッセージ
第3部(110分予定) 飼い主様接遇のキホン

★ポイント
単に美しい接遇マナーを身につけるのではなく、動物医療のプロだからこその接遇意識とスキルを身につけます。スタッフ役・飼主様役に分かれた実践演習を動画撮影し、自分の姿を客観的にチェックすることで、強みや課題点を明確化します。

★カリキュラム
・ 一般接遇と医療接遇
・ 受付対応演習(印象、言葉、不安や怒りへの対応)
・ 電話対応演習(確実な取り次ぎ)
・ 問診演習(気持ちに寄り添った確実な問診)
・ 総合演習(動画撮影)

スマホ・携帯電話等をご持参ください!

立ち振る舞いや話し方を、各自が動画撮影しながらセルフチェックします。動画撮影機能のあるスマートフォン・携帯電話・デジタルカメラ等を、各自ご持参ください。

【受講料・支払方法】

  • 動物病院のための新人スタッフセミナー受講費
    6,500円(税別)※受講証の送料が別途500円(税別)かかります。
  • お支払い方法
    ① クレジットカード(決済後、受講証をお送りいたします)
    ② 代金引換(受講証をお届けにあがった宅配業者に代金をお支払い下さい)
    ※ 受講料のお支払いは前払いとなります。セミナー当日の現金支払いは行えません。予めご了承ください。

【著書】

動物病院のためのクレーム対応のマインド&スキル
発行:インターズー
サイズ:A4判 並製本 140頁
定価:7,560円(本体7,000円+税)


【その他ご案内】

●東京会場:専売ビル(東京都港区芝5-26-30) ※JR線「田町駅」徒歩5分、都営地下鉄「三田駅」徒歩4分
●定員:150名(申し込み先着順)※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
●申込締切日:開催日の1週間前

●大阪会場:エル・おおさか(大阪府立労働センター)(大阪市中央区北浜東3-14)
※京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m、JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m
●定員:150名(申し込み先着順)※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
●申込締切日:開催日の1週間前

【受講者特典】

受講者特典

①新人スタッフ行動チェックリスト
 セミナー参加時点での自分自身の強みや、課題を明確にすることに役立つセルフチェックシートです。就職後3~4ヵ月で、できることを増やすためにご活用ください。

②受講レポート&意識傾向評価表の送付
 参加したスタッフ様の意識や性格の傾向を確認する調査を行い、全体の意識傾向評価表を作成します。セミナー受講後、全体の傾向をまとめて、受講レポートと一緒に院長先生へ直接お送りいたします。スタッフ様の教育の補助としてご活用ください。

③報連相Power Up Sheet
 正確で簡潔明瞭な伝え方のコツを、報連相Power Up Sheetを使いながら学んで頂きます。現場での即実践を目指すために、受講後もご活用ください。

④新人育成モデルプラン表
 月ごとに目標を持ちながら、計画的に育成・成長ができるためのモデルプランをお渡しします。サンプルの中から、貴院に沿ったプランを選び、“できる”スタッフを育成にご活用ください。


【申込方法】

下記申込ボタンのリンク先(インターズーオンライン)よりお申込みのお手続きにお進みください。

開催の様子

【受講者の声】

  • 改めて自分ができていない事、これからチャレンジしていきたい事が明確になりました。
  • 聞いているだけでなく、実践的な演習ができて良かったです。
  • 他の人の客観的な意見や、自分を動画で撮影することによって、できていないところがわかり、とても良かったです。
  • 良い例、悪い例の両方の映像が流れるのでわかりやすかったです。
  • ミスが多く、悩んでいる時期なので、今の自分に必要な内容だったと思います。明日から、今日学んだ事を実践に移し、少しでも今の状況を変えていけるようがんばりたいです。
  • 新人を教えていく立場としてこのセミナーを受講しました。どのようにして教えていくかを学べて、また自分も改めて色々な事を見直すことができました。

【申込方法】

下記申込ボタンのリンク先(インターズーオンライン)よりお申込みのお手続きにお進みください。

  • 飼い主さんから最も求められるスキンケア知識を習得!動物スキンケア検定
  • 早く仕上げて犬とトリマーの負担を軽減!スピードトリミングカリキュラム
  • 動物病院『ホスピタリティ・デザイン』講座
  • 動物スキンケアベーシックコース
  • 講師のすぐ近くで技術が見れる! スピードトリミングカリキュラムアドバンスコース
  • 動物病院のための新人スタッフセミナー
  • スリットランプ&倒像眼底検査 ハンズオンセミナー
  • 消化器外科 解剖と外科実習 ハンズオンセミナー
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症編
  • 犬と猫の心エコー ハンズオンセミナー
  • 獣医師整形外科・臨床思考型セミナーシリーズ トイ犬種の橈尺骨骨折編~実際の症例から学ぶ!~
  • 獣医整形外科 確実な診断・治療のための臨床思考型セミナーシリーズ2 犬の膝関節疾患編